「μHandy(ミュー・ハンディ)」小型顕微鏡 新しい理科教育キットが日本上陸! -HOT NEWS-

μHandy(ミュー・ハンディ)

特許技術を応用した特殊なシールで研究対象を驚くほど手軽に採取できる!

スマホやタブレット端末で簡単に観察ができる小型顕微鏡と教材セットが先行販売されます。

 

「μHandy(ミュー・ハンディ)」とは

「μHandy(ミュー・ハンディ)」は、子供でも簡単にポケットに入れて持ち運べる軽量で丸い小型の顕微鏡デバイスと、特殊な“シール”型プレパラートで手軽に採取・保存ができる教材がセットになった教育キットです。

 

製品の特徴

 

1.  簡単にプレパラートをつくれる特殊なシール

家でも、街中でも、山でも海でも、研究したいものを見つけたらシールでかんたんに採取。
怪我しやすいガラスやめんどうなピンセットいらずで、簡単にできるので小さなお子さんにもオススメです。
 
小型顕微鏡デバイス「μHandy(ミュー・ハンディ)」を装着したスマホやタブレット端末のカメラでシールを覗くだけで、誰でも手軽にミクロの世界を覗くことができます。

1μm(0.000001 m)まで見ることができるので、子供だけでなく大人も本格的な研究に使えそう。

μHandy(ミュー・ハンディ)を手に持っている

 

2.   持ち運びしやすいサイズとデザイン

「μHandy(ミュー・ハンディ)」は直径55mm、高さ25mm、重さ65gの従来のものと比べてかなりコンパクトでオシャレ。  簡単にポケットに入れて持ち運べます。

 

3.  スマホやタブレット端末に装着して手軽に観察できる。

大きな画面で観察できるため、みんなで楽しく観察し、スマホやタブレット端末のカメラで見たそのままを撮影し先生への共有なども可能です。 タブレット端末を使用する授業に活躍しそうです。

特殊な”シール”で手軽に採取・保存ができ、採取サンプルとして鳥の羽、海藻、リスの毛を採取したシールも教材としてセットになっているので、「μHandy(ミュー・ハンディ)」を入手したらすぐに利用することができます。
μHandy(ミュー・ハンディ)教材セット

調べるものによっては、これまで観たことのない世界に遭遇することもできそうです。
実際に手にして試してみてはいかがですか?

μHandy(ミュー・ハンディ)はこの中身

■今回の先行予約販売でお届けする理科教育キット「μHandy(ミュー・ハンディ)」の中身

  • 小型顕微鏡デバイス「μHandy(ミュー・ハンディ)」本体 1台
  • 特殊シール 108枚】(シールはシールのみの買い足しも可)

  • サンプル付き学習用ノート教材 1冊

が同梱されています。

 

今回のプロジェクトは日本・台湾の産官学連携の合同チームで実行しています。

Aidimics Biotechnology Co,LTD(台湾)
2012年に台湾で設立された、台湾大学(日本の東京大学に相当)発の特許技術を持つ研究開発型ベンチャー企業です。生物医学研究、電気工学、機械学と経済学などの学際的な分野からの専門家で構成されています。

株式会社ハタプロ(日本)
ハタプロは、「モノづくりとインターネット技術で未来を支える」をコンセプトに、新しい家電や通信機器を開発・製造しているメーカーです。

■ 購入方法
2016年7月~8月の期間限定で朝日新聞社のクラウドファンディングサイトA-portで先行予約販売実施中!
先行販売はこちらから

 



☆ユアーズアーミーワールドオフィシャルサイト
☆ママそらオフィシャルサイト

この記事のライター

二子真希子
二子真希子プロジェクトメンバー
カラーdeサンキャッチャー®講師、フリーランスライター
15歳〜2歳まで男の子の2人女の子2人、4人の母。
外資系アパレル販売員を経験後、現在はサンキャッチャー作りのワークショップ開催、販売。フリーランスのライターとして活躍中。
minauプロジェクトメンバーに選ばれ、男の子女の子両方を持つ母として商品開発に活かせる意見を出していきます。
2016-08-19 | Posted in Blog, ママお役立ち情報No Comments » 

関連記事

Loading Facebook Comments ...