女の子も男の子も楽しめる、ひな祭りの遊び「オリジナルの貝合わせ(神経衰弱)」の作り方

3月3日は桃の節句・ひな祭りですね。

女の子がいるご家庭では雛人形を飾ったりお祝い膳をいただいたりすると思いますが、男の子のご家庭でも桃の花や菜の花、春らしい食事で季節を感じてみるのがおすすめです。

 

ひな祭りのお楽しみ♪ ハマグリを使ってオリジナル貝合わせを作ろう!

子どもが書いた貝合せの絵

ひな祭りの伝統的なお祝い膳やご馳走と言えば、ちらし寿司にハマグリのお吸い物、白酒、菱餅、雛あられ。
ちらし寿司

 
ハマグリは対になっている貝殻でなければぴったりと合わず、そのため仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いを込めてひな祭りにいただくのだそうです。
ハマグリのお吸い物

そのはまぐりの貝殻を使った遊びが、平安時代から伝わる貝合わせ。
貝合わせはもともと、貝殻そのものの美しさを競う遊びだったようですが、その後貝殻の内側に歌や絵を描きそれを伏せて並べ対を探す“貝覆い”となり、今ではこのトランプの神経衰弱に似た遊びを貝合わせと呼ぶようになりました。

桃の節句にハマグリのお吸い物をいただいたら、オリジナルの貝合わせ(神経衰弱)を作ってみませんか?

オリジナル貝合わせの作り方

<用意するもの>
◆大きめのハマグリ5個以上(できるだけ同じ大きさ、同じ柄を選びます)
◆重曹(あれば)
◆油性ペンまたはアクリル絵の具
ハマグリの貝殻

<作り方>
(1)中身を美味しくいただいたハマグリは、殻をきれいに洗います。重層で洗うとにおいも落ちておすすめです。
(2)対になる貝殻を揃え、内側にペアになるような絵やマークを描きます。
小さなお子様であれば、〇と〇、△と△や、数字(1と1、2と2)などを、書くと良いでしょう。
貝に絵を書きいている様子
幼稚園生であれば、「動物」と「その動物の住むところ」や「食べ物」(対になった貝の一方にウサギの絵、もう一方に人参の絵というように)でマッチングを作るのもおすすめです。

どんな生き物にするのか、その生き物はどこに住んでいるのか、何を食べているのかなどを話しながら絵を描くと盛り上がりますよ。

年齢に合わせてマッチングの内容を変化させると良いですね。

そうしてできあがったオリジナル貝合わせを全てを伏せ、神経衰弱の要領でペアになる貝殻を当てて遊びましょう。
貝の表面の模様ですぐに分かってしまいそうですが、意外にもそんなに簡単に合いません。

ひな祭りでハマグリが手に入ったらぜひ親子で制作&貝合わせ遊びを楽しんでみてくださいね。



☆ユアーズアーミーワールドオフィシャルサイト
☆ママそらオフィシャルサイト

この記事のライター

黄野いづみ
黄野いづみプロジェクトリーダー/ママそらディレクター
キアノ・インターナショナル株式会社 代表取締役
「子どもの輝く未来のために、子どもの心を育み親子でHAPPY に!」をコンセプトに、木製玩具、アートグッズの輸入販売や心を育む遊びを提案している。海外生活の経験を活かし、楽しみながら英語に触れることのできる遊びも紹介。子ども達の自己表現力やコミュニケーション能力を引き出す手助けなども行っている。
2010年生まれの男の子&2016年生まれの男の子、2児の母。
2017-02-24 | Posted in Blog, ママお役立ち情報No Comments » 

関連記事

Loading Facebook Comments ...