さわって遊んで赤ちゃんの脳を刺激するオノマトペの絵本『どうぶつたっち』-HOT NEWS-

子どもはもちろん、まだ言葉を話せない赤ちゃんだって絵本が大好き!
絵本を見ながら、ママやパパが語りかけてくれるのをニコニコ聞いてくれるはずです。
そこで今回は、小さなお子様が触って遊べる、大人気の可愛らしい絵本をご紹介します。

オノマトペの絵本『どうぶつたっち』で遊ぶ赤ちゃん

 

脳科学者茂木健一郎さん推薦、脳が育つ感覚絵本

『ふわふわ もこもこ どうぶつたっち』は、ライオン、犬、ぞう、うさぎ……など、子どもが大好きな動物が、ふかふか、もこもこ、ざらざらといったいろいろな素材で描かれている触って楽しむ絵本です。触れるとその新しい感覚に、赤ちゃんたちは夢中になるはず。

オノマトペの絵本『どうぶつたっち』

また、リズミカルなオノマトペ(擬音語・擬態語)が赤ちゃんの脳も刺激。抑揚を付けながら読み聞かせることで、赤ちゃんも認識しやすく、ことばをおぼえるきっかけにもなりますよ。

オノマトペの絵本『どうぶつたっち』2

いっぱい触って、いっぱい語りかけて、お子様の笑顔を引き出してあげてくださいね。

『ふわふわ もこもこ どうぶつたっち』
出版社: 東京書店 (2016/11/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4885740762
ISBN-13: 978-4885740763
発売日: 2016/11/28



☆ユアーズアーミーワールドオフィシャルサイト
☆ママそらオフィシャルサイト
2017-01-13 | Posted in Blog, ママお役立ち情報No Comments » 

関連記事

Loading Facebook Comments ...