生地選びの次の工程は◯◯を作成します。 デザイナーのヒミツNo.4【ユアーズアーミーワールド】

女の子モデルの写真

第一段階:企画構成
第二段階:デザイン出し
第三段階:生地選び
前回生地選びまでを紹介しました。
今回もminau(ミナウ)デザイナーの細井由紀が、お教えします。

 

4回目の今回は、サンプル作成です!

デザイン、生地、カラー展開が決定すると、いよいよ展示会に向けてサンプルを作成する準備をはじめます。
サンプルは工場に依頼をして作成して貰います。

サンプルを作成して貰うには、縫製仕様書と言う物が必要です。
縫製仕様書
これはデザイン画やサイズスペック、縫製仕様、生地や配色を記入して作る設計図の様な物。
実際にお洋服を着たときのシルエットをイメージしながら、着心地の良さや着脱のしやすさなども考えて寸法を決め、ポケットや釦の位置なども細かく確認をしながら作成します。

『うまくイメージ通りのシルエットに上ります様に・・・』といつも考えながら仕様書作成をしています。

それでも『少しバランスが違うな。』なんて事もあるので、ここでの作業はサンプルの上りにとても影響するので、慎重に行わなければなりません。

この仕様書を基にパタンナーに型紙をお願いし、平面だったデザイン画を立体的に表現してもらいます。
そして工場に生地の裁断、加工、縫製等をお願いし、サンプルを完成させて貰います。

そして待つこと1ヶ月余り。
この後出来上がったサンプルがこちらです。
製品サンプル

サンプルが届き、初めて見る瞬間はいつもドキドキです。
イメージ道りに上がったサンプルを見たときの感動はとても気持ちの良い物で、 モノづくりって本当に楽しいなと思う瞬間です。

いかがでしたか?次回はデザイナーのお仕事5回目最後の工程です。お楽しみに!



☆ユアーズアーミーワールドオフィシャルサイト
☆ママそらオフィシャルサイト

この記事のライター

二子真希子
二子真希子プロジェクトメンバー
カラーdeサンキャッチャー®講師、フリーランスライター
15歳〜2歳まで男の子の2人女の子2人、4人の母。
外資系アパレル販売員を経験後、現在はサンキャッチャー作りのワークショップ開催、販売。フリーランスのライターとして活躍中。
minauプロジェクトメンバーに選ばれ、男の子女の子両方を持つ母として商品開発に活かせる意見を出していきます。
2016-09-26 | Posted in Blog, minauNo Comments » 

関連記事

Loading Facebook Comments ...